吃音

吃音(どもり)症状は?


>> 吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ・・・!


どもりの症状は、以下の通りです。

・音節を繰り返してしまう
・音が伸びてしまう
・音が出てこない

例えば、「わたし」と言った発音をする場合、「わ、わ、わたし」というように音節を繰り返します。

また、「わたし」という発音をする場合に、「わ〜たし」というように音を引き伸ばしてしまったり、音が詰まって出てこない場合もあります。

このように、スムーズに言葉を話すことができない症状のことを「どもり」と呼んでいるのです。

緊張してしまうと言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)が詰まってしまうことがあるため、どもりをあがり症の一種だと思っている人も多いのですが、それは違いると思います。

どもりは言語障害(言語が理解できなかったり、自分の思うような表現ができないことをいいます)の一種だと考えられており、緊張による言葉の詰まりとは異なるので、間違わないようにして下さい。

そして、どもりで悩まされている人はみなさんが思っている以上に多く、これが原因で社会に出ることが出来なかったり、人と話すのを苦痛に感じている人も少なくありません。

周りにどもりに悩まされている人がいる場合は、そのことを理解してあげる必要があります。


↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!




posted by どもり at 16:09 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。