吃音

どもりと頭の回転について

どもりと頭の回転は関係あるといわれていますが、本当のことなのでしょうか?

結論からいうと、関係性は高いと思って良いかもしれません。

一般的に、どもってしまう人は頭の回転が速い人といわれています。

頭の回転が速いので、それに言語機能が追いつく事ができてず、どもってしまうという人も少なくありません。

そのため、どもりの人は頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の回転が速いと自信を持って良いでしょう。

では、この頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の回転の速さによるどもりは、どんな風にすれば改善するのでしょうか?

この場合、頭の中で話したいことをしっかりと整理して、ゆっくり話すことで改善することが多いです。

どもってしまう人は早口のタイプに多いため、このクセをつけることによって劇的に良くなる場合もあるようです。

そして、どもりに対して不安を感じていると、さらに症状が悪化してしまうので、難しいかもしれませんが、自信を持って話すというのも重要になってきます。

自信を持つことで、不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)と緊張を軽減する事ができ、どもりづらくなるでしょう。


↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!




posted by どもり at 15:55 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。