吃音

どもりを治す方法は?


吃音・どもりを治したい方へ改善させる方法をご紹介♪

どもりを治す方法はありますが、絶対に直るという保証はありません。

治る人もいれば、治らない人もいるため、個人差があると思ってください。

しかし、何もしないよりは何かしらの治療を試みた方が改善する可能性はアップするので、
色々試してみるのも良いかもしれません。

どもりを直す方法は、以下の通りになります。

・発声練習
・薬物療法
・発話リード装置
・自律訓練法
・脳のトレーニング

腹式呼吸法などの発声練習をすることによって、どもりを改善できる可能性があります。

どもりによる心の不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)を取り除くことを目的として、抗不安薬やSSRIを使用する薬を用いての治療も治療方法の1つです。

購入費用が高いですが、発話リード装置と呼ばれる機械を使用した改善方法もあります。

自律訓練(練習次第で、できなかったことでもできるようになるのが人間のすごいところだと思います)法とは、自律神経の働きを整えると言う方法です。

時間はかかりますが、これで直ったという方もいます。

また、脳のトレーニングをすることでどもりから解放される場合もあるので、試してみるのも良いでしょう。

↓↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!



>>吃音症・どもりの原因 治し方


posted by どもり at 16:13 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吃音(どもり)症状は?


>> 吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ・・・!


どもりの症状は、以下の通りです。

・音節を繰り返してしまう
・音が伸びてしまう
・音が出てこない

例えば、「わたし」と言った発音をする場合、「わ、わ、わたし」というように音節を繰り返します。

また、「わたし」という発音をする場合に、「わ〜たし」というように音を引き伸ばしてしまったり、音が詰まって出てこない場合もあります。

このように、スムーズに言葉を話すことができない症状のことを「どもり」と呼んでいるのです。

緊張してしまうと言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)が詰まってしまうことがあるため、どもりをあがり症の一種だと思っている人も多いのですが、それは違いると思います。

どもりは言語障害(言語が理解できなかったり、自分の思うような表現ができないことをいいます)の一種だと考えられており、緊張による言葉の詰まりとは異なるので、間違わないようにして下さい。

そして、どもりで悩まされている人はみなさんが思っている以上に多く、これが原因で社会に出ることが出来なかったり、人と話すのを苦痛に感じている人も少なくありません。

周りにどもりに悩まされている人がいる場合は、そのことを理解してあげる必要があります。


↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!




posted by どもり at 16:09 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼児のどもりは放っておく?

どもりは、幼児期に発生することが多いといわれています。

これは、幼児期というのが言語発達が活発になる時期にあたるためです。

そのため、今までどもりがなかったのに、急に言葉を話す時にどもってしまう子供も珍しくありません。

そして、この時のどもりのことを発達性吃音と言います。

発達性吃音の割合は、女子よりも男子に多く、男子は女子よりもストレスを感じやすいので、悪化してしまう可能性が高いです。

ただ、一般的に、幼児期のどもりは小学生程度で自然に治ることがほとんどでしょう。

しかし、ですが、幼児のどもりを放置しておくのは危険んですよ。

そのまま放置しておくと、大人になっても治らずに不自由な思いをすることもあります。

また、どもりは成長するほど治りづらくなるため、早目に治さないと生涯どもりと付き合っていかないといけない可能性もあるので注意しましょう。

どもりを意識してしまうと治りが遅くなるでしょうから、意識する前の幼いうちに対処された方が良いです。


↓↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!



簡単 膝 テーピング【歩行楽伸縮性ひざテープ】






posted by どもり at 16:03 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のどもり


>> 吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ・・・!

幼児期にどもりは多いといわれていますが、大人が突然どもりだすこともあるのでしょうか?

結論からいうと、あります。

実は、大人になって、急にどもりが発生する人も少なくありません。

では、なんで突然どもりだすようになるのでしょうか?

その理由としては、次の2つが挙げられます。

・ストレス
・自律神経の失調

大人のどもりを発生させる原因としては最も大きいのが、ストレスです。

過度なストレスを溜め込む事によって、どもりを引き起してしまう可能性があります。

社会人になると、仕事で電話対応をしたり、大勢の前で話す機会が多くなりますが、その際に一度緊張でどもってしまうと、次もまたどもってしまったらどうしようという不安にかられます。

その不安が、さらにどもりを悪化させるケースも多いです。

そして、自律神経が乱れることで、どもりを発生させてしまうこともあります。

仕事や人間関係のストレス、不規則な生活習慣などによって、自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)は乱れてしまうことが多いので注意しましょう。


↓↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!

posted by どもり at 16:00 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。