吃音

吃音(どもり)に効く薬


>> 吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ・・・!


どもりに効く薬はありますが、処方されてるのは稀です。

そのため、どもりで病院に行ったからといって、絶対に薬を処方される訳ではありません。

一般的にどもりに効くといわれている薬は、以下のようなものです。

・ジプレキサ
・レキソタン
・メイラックス

ジプレキサは統合失調症や不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)症状に使用される薬ですが、どもりの症状にも効果があるといわれています。

太りやすくなるという副作用はあるものの、危険性は極めて低い薬です。

レキソタンは心身症や統合失調症といった病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)に使用されます。

どもりにも効果がありますが、食欲不振、倦怠感、発疹、吐き気といった症状を伴う場合もあるので、注意してください。

メイラックスは不安緊張の緩和に効果を発揮させる事が出来る薬です。

副作用として眠気を感じたり、口やのどの渇きを引き起こす場合があります。

これらの薬はどもりに効くといわれていますが、仮に効果があったとしても、それは服用している時だけです。

根本的な解決にはならないので、他の治療法と一緒に併用されることが多いと思ってください。


↓↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!




posted by どもり at 15:57 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どもりと頭の回転について

どもりと頭の回転は関係あるといわれていますが、本当のことなのでしょうか?

結論からいうと、関係性は高いと思って良いかもしれません。

一般的に、どもってしまう人は頭の回転が速い人といわれています。

頭の回転が速いので、それに言語機能が追いつく事ができてず、どもってしまうという人も少なくありません。

そのため、どもりの人は頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の回転が速いと自信を持って良いでしょう。

では、この頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の回転の速さによるどもりは、どんな風にすれば改善するのでしょうか?

この場合、頭の中で話したいことをしっかりと整理して、ゆっくり話すことで改善することが多いです。

どもってしまう人は早口のタイプに多いため、このクセをつけることによって劇的に良くなる場合もあるようです。

そして、どもりに対して不安を感じていると、さらに症状が悪化してしまうので、難しいかもしれませんが、自信を持って話すというのも重要になってきます。

自信を持つことで、不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)と緊張を軽減する事ができ、どもりづらくなるでしょう。


↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!




posted by どもり at 15:55 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケではどもりがでない

>> 吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ・・・!

普段はどもりの症状がでてしまうけれど、カラオケだとでないという場合があります。

これは、一体なぜなのでしょうか?

その理由として考えられるのは、以下の3つです。

・リズムがある
・相手に伝える必要がないという安心感
・腹式呼吸(なるべく胸郭を広げず、お腹を意識して呼吸します)

カラオケには一定のリズムがありますので、そのリズムがどもりを防いでいるといわれています。

また、カラオケは会話とは違い、何かを相手に伝える必要がありません。

その為、普通に会話をするよりも緊張しないのですし、不安感もないので、精神的に楽な状態で発声できます。

それに、カラオケで歌う場合、腹式呼吸で歌うことが多いです。

腹式呼吸はどもりの改善に有効だといわれているので、そのせいでどもらないのかもしれません。

カラオケではどもらないと言う人がたくさんいるようですが、その理由はいまだに解明されていないというのが現状です。

ただ、カラオケがどもりの改善に繋がる可能性もあるので、積極的に通うことで何かしらの変化が見られるかもしれません。


↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!




posted by どもり at 15:54 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どもりの原因とは

どもりの原因は、以下の通りです。

・環境
・不安
・ストレス

どもりの原因として大きいのが、環境です。


>> 吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ・・・!


子供の頃の育った環境によってどもりを発症するケースが多く、特に自分のペースを乱されるような環境で育った子供は、どもりになりやすいといわれています。

つまり、両親の育て方が、どもりを発症させる原因の1つだと思ってください。

そのため、過度に厳しいしつけは控えた方が良いかもしれません。

そして、自分はすぐにどもってしまうという不安により、さらに症状を悪化させてしまうケースも珍しくありません。

頭の中が不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)でいっぱいになると、喋ろうと思っている事を頭の中で整理できず、どもってしまいます。

特に早口の方はこのような傾向があるので、落ち着いて喋るように心がけてください。

また、幼少期のストレスにより、どもりを引き起こす場合もあります。

幼い時に恐ろしい事故を体験・目撃したり、環境の変化があった場合に、どもりを発症させることがあるといわれていますよ。


↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!



posted by どもり at 15:49 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。