吃音

幼児のどもりは放っておく?

どもりは、幼児期に発生することが多いといわれています。

これは、幼児期というのが言語発達が活発になる時期にあたるためです。

そのため、今までどもりがなかったのに、急に言葉を話す時にどもってしまう子供も珍しくありません。

そして、この時のどもりのことを発達性吃音と言います。

発達性吃音の割合は、女子よりも男子に多く、男子は女子よりもストレスを感じやすいので、悪化してしまう可能性が高いです。

ただ、一般的に、幼児期のどもりは小学生程度で自然に治ることがほとんどでしょう。

しかし、ですが、幼児のどもりを放置しておくのは危険んですよ。

そのまま放置しておくと、大人になっても治らずに不自由な思いをすることもあります。

また、どもりは成長するほど治りづらくなるため、早目に治さないと生涯どもりと付き合っていかないといけない可能性もあるので注意しましょう。

どもりを意識してしまうと治りが遅くなるでしょうから、意識する前の幼いうちに対処された方が良いです。


↓↓まったく新しい吃音(どもり)改善方法を公開!



簡単 膝 テーピング【歩行楽伸縮性ひざテープ】






posted by どもり at 16:03 | 吃音(どもり)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。